巨大防災検証センターでおこなわれた MilSim 映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Georgia 州 Perry にある "Guardian Centers" で 8/31 におこなわれた MilSim イベント、Operation: Sovereign Fury の映像が、参加チームの YouTube チャンネルで公開された。同センターは、全米屈指の防災検証準備センターで、施設全体の広さは 830 エーカー (約 336 万平方メートル=東京ドーム 72 個分相当)、24 時間・年中で使用可能。あらゆる規模の災害シミュレーションを想定した充実の施設となっており、最大で 7,000 名の参加者が同時にリアルな情景の中で訓練を受けることができる。

SOARmilsim 2013/09/07
About Guardian Centers
Guardian Centers bird-eye view / ITS Tactical


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
 東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催 (2019-04-22 12:28)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop