台湾エアソフトメーカー ICS、新設工場を公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
台湾エアソフトメーカー ICS、新設工場を公開台湾エアソフトメーカー ICS (I Chin Shivan Enterprise Co., Ltd : 一芝軒企業有限公司) は、公式サイト上で新ファクトリー完成披露の模様を公開した。公開された写真からは、単一の建屋からなる大規模な工場施設となるこ模様。エアソフト、サバイバルゲームが日本発祥のホビーとして語られたのも久しく、最近では海外メーカーの優勢が一層顕著となっている。現在、エアソフト市場の世界的なホットスポットは欧米市場で、この数年台湾、香港の企業が集中的に販路拡大を図ってきた。中でも台湾エアソフトメーカーは、ユーザーの声を反映した製品の投入、ライセンスクリア製品、大陸製品 (中国製品) とは一線を画した高い品質の面からも売り上げを伸ばし、財政基盤を蓄えてきた。欧米市場での勢力拡大を図った台湾メーカー各社を中心に、取り残された最後の聖地、日本市場で更なる積極的なプロモーション展開が予想される。

ICS 2013/10/28


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
発射と同時に前方に動いて反動を軽減するグロック用コンペンセイター「Mass Driver」が発売
サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催
ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去
装備好き企画集団「MMR-ZZ」主催、新感覚エアソフトイベント『レオ二ダースゲーム』
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
 発射と同時に前方に動いて反動を軽減するグロック用コンペンセイター「Mass Driver」が発売 (2019-11-18 15:53)
 サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催 (2019-11-12 17:56)
 ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去 (2019-11-12 11:33)
 装備好き企画集団「MMR-ZZ」主催、新感覚エアソフトイベント『レオ二ダースゲーム』 (2019-11-11 18:00)
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop