SEALs 腕時計「Resco Instruments」、年初に女性ラインをリリース

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
シンプルで頑丈、光沢と流線型の外観が特徴の米国時計ブランド・Resco Instruments が、2014 年初頭にレディースラインのリリースをおこなう。2009 年創業の Resco Instrumentsは、米海軍特殊部隊 SEALs の非公式ウォッチながらも、着実に愛用者を増やしている。同社によれば "Patiot Gen1" においては、現役 SEALs 隊員 100 名以上の手元で時を刻んでいるとのこと。米特殊部隊情報サイト SOFREP.com の編集主任で、SEAL スナイパーの首席インストラクターを務め、"The Red Circle" の著書でも知られる元・SEALs 隊員 Brandon Webb 氏とのコラボレーションによる GMT ウォッチ・"RC TAC" をはじめ、Gen2 Patriot、BullFrog、BlackFrog といったシリーズ展開を進めてきた。少量生産の為、年産 500 ~ 600 個が限界とのこと。最近では、Osama bin Laden 急襲作戦の裏側を綴った "No Easy Day" の著者、元・SEALs Team 6 (aka DevGru) 隊員 "Mark Owen" こと Matt Bissonnette 氏と言われる人物が管理する、写真共有ソーシャルネットワーク Statigram のアカウント上において、Resco Patriot LE 500 Meter が紹介されている。

Resco Instruments official FaceBook 2013/11/14
About Resco Instruments
Mark Owen SEAL / Statigram 2013/11/12


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施
【PR】大自然に囲まれたゲレンデが2日間に渡って戦場に!ハチ高原観光協会主催サバゲーが10/20・21に開催
第58回全日本模型ホビーショー 東京マルイ+その他ブースの詳細レポート
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
 【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施 (2018-10-05 19:34)
 【PR】大自然に囲まれたゲレンデが2日間に渡って戦場に!ハチ高原観光協会主催サバゲーが10/20・21に開催 (2018-10-04 10:43)
 第58回全日本模型ホビーショー 東京マルイ+その他ブースの詳細レポート (2018-10-01 16:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop