映画「アメリカン・スナイパー」4 月撮影開始、友人他・リアル SEALs も出演へ

映画・テレビ Comments(0)
米軍史上最多のキル数を誇り、2013 年 2 月に逝去した元・米海軍特殊部隊 SEALs スナイパーの故 Chris Kyle (クリス・カイル) 氏自叙伝の映画化に関する情報が最近アップデートされた。ハリウッド情報サイト The Wrap によると、映画 "American Sniper" (アメリカン・スナイパー) の撮影が 4 月からモロッコで始まるとのこと。監督は当初、Steven Spielberg (スティーブン・スピルバーグ) 氏が手掛けるとの報道もあったが、同氏はその後に企画から離脱。代わりに Clint Eastwood (クリント・イーストウッド) 氏がメガホンを持つことになった。また、本作の映画化に関する権利の取得を勝ち取った Bradley Cooper (ブラッドリー・クーパー) 氏による Chris Kyle 氏役の配役とは別に数名の配役についても言及がなされている。中でも注目したいのは、数名のホンモノ SEAL 隊員が含まれるという点。実名が上がっているところの人物では、Chris Kyle 氏のリアル友人で、自身も元・SEAL Team 3 のスナイパー、ブリーチャー、メディックを経験した Kevin "Dauber" Lacz 氏。現在は戦技・戦術面でのテクニカルアドバイザーとして活躍しているとのこと。SEALs 映画としてマニアを中心に日本でも注目を集めた「ローン・サバイバー」の公開も一段落。リアル嗜好の SEALs・特殊部隊戦闘映画として次に注目を集めるのはこの 1 本となるのは間違いない。

The WRAP 2014/03/26
Kevin "Dauber" Lacz official FaceBook
Lacz's tribute to Chris Kyle / Congressional Record 2013/02/13
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開
ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開
WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
 ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開 (2018-09-28 18:56)
 ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開 (2018-09-27 20:23)
 WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』 (2018-09-25 16:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop