VOLK Tactical Gear、OCT コラボのカスタム Glock フレーム発売予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
日本発の本格装備ブランド VOLK Tactical Gear (VTG) から、こだわりのエアソフト カスタム製品を手掛ける Ocean Custom Tactical (OCT) とのコラボレーションによるオリジナル仕様のエアソフト Glock フレームが発売予定。

滑り防止のスティプル加工が施されたグリップ部分に、アルマイトによる艶消し処理されたアルミ製の VTG スカル メダリオンが埋め込まれている。そしてよく見ると「VTG」の刻印が散りばめられている様子も確認できる。

東京マルイ製ガスブローバック式 Glock 17 に対応したこちらのモデルでは、マグキャッチ前方にあるトリガーガードの付け根部分は、ハイグリップ仕様になっており、実銃のセイリエントアームズと同じ加工方法で再現。また、スライドロックやトリガーガードなどリダクションされた部分に手を充て、添えてグリップを包み込むように保持し、そのまま両腕を伸ばす事で、現在多く使われる二等辺三角形フォーム「アイソサリース・スタンス」が自然に構えれる設計となっている。


ダミーピン、フロントシャーシシャフトとフレーム後部ピンはステンレス製のリアルタイプに変更。仕上げは実銃用塗料デュラコートを使いフロントシャーシ部分も補強済み (ブラックのみ) 。

今回ご紹介したこちらの写真はプロトタイプとなり、近く予定されている販売モデルと一部仕様が異なる場合があるのでご注意頂きたい。

実物と同様、ハンドメイドによるグリップリダクションで、自身の加工はちょっと・・・という人にはお勧めの一品となっている。なお、本件の続報については、各公式ブログにて掲載予定とのこと。
Volk Tactical Gear 公式ブログ:
http://blog.vtg.jp/
Ocean Custom Tactical 公式ブログ:
http://oceancustomtactical.militaryblog.jp/


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop