SilencerCo、世界初の量産品 ショットガン用サプレッサー「Salvo 12」を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米ユタ州ウェストバレーシティに本拠を持つサプレッサーメーカー・SilencerCo は、ショットガン用サプレッサー「Salvo 12」を発表した。Salvo 12 は、量産品のショットガン用サプレッサーとしては世界初にして唯一の製品で、例年多くの人が足を踏み入れているハンティングやスポーツ射撃を主軸に、ホームディフェンスといったシチュエーション下での利用が開発背景に影響している。射場などのコントロールされた環境下であれば、イヤーマフや耳栓といった解決方法で発砲音から耳を保護できるが、フィールドやホームディフェンスといった状況下では、それらの利用を嫌うまたは出来ない傾向にある。本製品以外にも Salvo 10、Salvo 8、Salvo 6 があり、フルレングスとなる 12 インチ長のものでは、銃口付近における発射音は 137 デシベルにまで低減ができる。米国で 2014 年秋に発売予定で、メーカー希望小売価格は 1,400 米ドル。

Silencerco 2014/07/21
Salvo 12 / SilencerCo
Soldier Systems 2014/07/21


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
台湾エアソフトメーカー「SRUプレシジョン」がスタンダード電動ガン用『M4A1ブルパップキット』を発売
高性能フラッシュライトの元祖 シュアファイア社が創業40周年を迎える
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
 台湾エアソフトメーカー「SRUプレシジョン」がスタンダード電動ガン用『M4A1ブルパップキット』を発売 (2019-03-05 12:36)
 高性能フラッシュライトの元祖 シュアファイア社が創業40周年を迎える (2019-02-25 17:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop