「エクスペンダブルズ 3」初公開の本編カットとメイキング映像を含む、新たなプロモ映像を公開

映画・テレビ Comments(0)
「エクスペンダブルズ 3」初公開の本編カットとメイキング映像を含む、新たなプロモ映像を公開
シルベスター・スタローンを筆頭に名立たる主役級アクションスターが複数キャスティングされ、毎回胸焼けするほどの特濃アクションを繰り広げるエクスペンダブルズ・シリーズの第三弾「エクスペンダブルズ 3」の日本公開が 11 月 1 日に決定した。

前作に引き続き、シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、アーノルド・シュワルツェネッガー、が出演する。加えて、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アントニオ・バンデラス、ウェズリー・スナイプス、ケラン・ラッツ、他・・・といった錚々たる顔ぶれ。

注目は紅一点であるロンダ・ラウジー。彼女は元柔道家のメダリストであり、今は総合格闘技界に活躍の場を移し UFC 女子世界チャンピオンを防衛中である。強さだけではなくセクシーさも兼ね備えた彼女の活躍が気になるところ。

名作映画「戦場に架ける橋」のクワイ河マーチをアレンジした曲に乗せて、チームの愛機に向かって次々にキャストが現れる特報映像からも作品の暑苦しさが伝わってくる。クワイ河のマーチ・・・ということは、「今度は戦争だ!」というメッセージだろうか?

今作でバーニー (シルベスター・スタローン) 率いるエクスペンダブルズの面々が相手にするのは、エクスペンダブルズの結成時の元メンバーで今は悪の武器商人となったコンラッド・ストーンバンクス(メル・ギブソン)。エクスペンダブルズのことを知り尽くした超最強の敵コンラッドを相手にし、チームは崩壊の危機を迎える。果たしてチームはどうなるのか・・・?
今作ではハリソン・フォードが物語のキーマンを演じるようだ。

監督は、CM 業界で活躍した後に長編映画 2 本目にしてこの作品に大抜擢となったオーストラリア出身のパトリック・ヒューズ。次回作はハリウッド・リメイク版「The Raid」が決定している。長編処女作である「Red Hill」の雰囲気からしても、サスペンス・アクション系が得意のようだ。
エクスペンダブルズ 3
11 月 1 日 (土) より全国ロードショー
http://expendables-movie.jp/
https://twitter.com/expendables_mov
The Expendables official FaceBook 2014/07/23
Text : I.Yugeshima - 003


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
マーヴェリックの雄姿とF-14トムキャットも。『Top Gun: Maverick』トレーラーが公開に
浅野忠信、豊川悦司が出演する映画『MIDWAY』のティザートレーラーが公開
ナオミ・ハリス主演のクライム・アクションムービー『Black and Blue』のトレーラーが公開
ロシアNo.1ヒットの戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が日本公開決定に
オーストラリアのベトナム戦争映画『Danger Close: The Battle of Long Tan』
シルヴェスター・スタローン主演、ランボーシリーズ最新作『Rambo V: Last Blood』ティーザートレーラー公開
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 マーヴェリックの雄姿とF-14トムキャットも。『Top Gun: Maverick』トレーラーが公開に (2019-07-19 16:47)
 浅野忠信、豊川悦司が出演する映画『MIDWAY』のティザートレーラーが公開 (2019-07-02 10:44)
 ナオミ・ハリス主演のクライム・アクションムービー『Black and Blue』のトレーラーが公開 (2019-06-26 11:57)
 ロシアNo.1ヒットの戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が日本公開決定に (2019-06-14 17:26)
 オーストラリアのベトナム戦争映画『Danger Close: The Battle of Long Tan』 (2019-06-03 16:57)
 シルヴェスター・スタローン主演、ランボーシリーズ最新作『Rambo V: Last Blood』ティーザートレーラー公開 (2019-05-31 09:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop