バックパック給弾式 PKM 機関銃

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
バックパック給弾式 PKM 機関銃
ウクライナ人と思しき人物が、弾装バックパックから給弾レールで繋いだ PKM (7.62 mm × 54R 仕様) を射撃する動画がアップされている。動画では銃とレールの接合部の可動範囲や簡易性をアピールしている。また、給弾レールを踏み付けるパフォーマンスも行っている。

こうした弾装バックパックからの給弾方式を採用した銃器は、映画やアニメなどのフィクション作品に見かけることが多い。一番有名なのが映画「プレデター」に登場した M134 を模したミニガンではないだろうか。画的なインパクトは十分すぎるほどあるのだが実際にこれを個人運用するとなると、銃本体とフル装填 (1 セット 4,000 発) したバックパックと給弾レールの総重量が 50 Kg 以上となることから、どれだけマッチョな兵士であっても機動性の観点からみても現実味は皆無に等しいことがわかる。
実際過去には、携帯運用を目的とした5.56 mm × 45 弾仕様の XM214 ミニミニガンという試作モデルが作られたが、軽量化版とはいえ総重量 30 Kg 以上あり、二人以上での運用を前提としていたため開発計画は中止となった。また、重量だけではなくその強烈なファイヤーパワーも生身の人間が構えて制御するには課題が大きすぎたようだ。このことからも、まさにフィクション用アイテムといえる。

これらのことを踏まえて、この動画に使用されている PKM は、ミニガンに比べて発射サイクルは劣るものの、現実的な選択ではなかろうか。
射撃時に暴れる給弾ベルトを気にすることはなくなり、多弾数のバックパックのお陰で弾切れの心配が緩和し個人運用は十分可能であろう。
ガナーにとっては様々な煩わしさから開放してくれるアイデアアイテムといえる。但し、重量がある FN MAG での運用を想像すると少々きつそうではあるが・・・。

saltison alc 2014/08/12
Text : I.Yugeshima - 004


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop