これが本当のウェアラブル ラルフ・ローレン社が生体センサーを編み込んだシャツを開発

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
これが本当のウェアラブル ラルフ・ローレン社が生体センサーを編み込んだシャツを開発
米国のファッション・ブランドのラルフ・ローレン (Ralph Lauren) 社は 8 月 25 日、テニスの全米オープンの開幕に合わせて、『ポロ・テック』 (Polo Tech) と名付けられたハイテク T シャツを発表した。

このシャツは、カナダに本拠地を置く OM シグナル (OMsignal) 社と共同開発されたもので、胸の部分に呼吸や心拍数を測るセンサーが編み込まれており、単に着るだけで測ることが可能となっている。最近でも腕時計やメガネの形をしたウェアラブル・ガジェットが盛んだが、これは本当の意味でのウェアラブルとなっている。

また、「ブラックボックス」と呼ばれる小さなケースを脇腹付近に装着することができ、これによりデータの保存の他、内臓された加速度計やジャイロ・スコープを使ったデータ計測、さらに Bluetooth 機器も収められており、それらのデータをクラウド上に送信することが可能だ。またデータはスマートフォンなどで閲覧することができる。「ブラックボックス」は着脱式になっており、別のポロ・テックに着替えても、付け替えるだけで続けて使用することができるようになっている。

全米オープンでお披露目となったこのシャツだが、残念ながら実際にテニス選手が着ることはなく、代わりにボールボーイ、ボールガールが着て、実証実験とアピールがされることになっている。

Ralph Lauren 2014/08/25
Ralph Lauren 2014/08/25
Polo Tech / Ralph Lauren
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop