SOEZIMAX、自衛隊特殊部隊「オメガ7」実写ファンムービーを公開

映画・テレビ Comments(0)
自主制作で短編映画を手掛ける「SOEZIMAX」こと副島新五監督が、ミリタリー作品の最新作を公開した。今回の作品で題材となったのは「オメガ 7」。

オメガ 7 は、日本の「ブラックオプス」に従事する元自衛官などで構成された超法規的特殊部隊の活躍を描く、小林源文氏によるフィクション漫画作品シリーズ。

一方の SOEZIMAX 氏と言えば、「銃撃女子」ガンアクション作品「GSG9」シリーズや、同氏初の本格ミリタリー作品「RELOAD 強襲奪還作戦 Get Back Hostage」や「Snake Eater」「大阪☆春夏秋冬」などの作品を手掛けている。また、自主制作映画監督の他、劇団俳優や、人気 YouTuber としても知られている人物だ。


原作の愛読者だけでなく、単体のミリタリーアクション映像としても楽しめる仕上がりとなった今回の作品、ロケ地には大阪のサバイバルゲームフィールド「グリーンキャニオン」が、また装備・衣装協力には VOLK Tactical Gear明日香縫製が協賛している他、ガンアクションアドバイザーには元・フランス外人部隊の細川雅人氏が携わっている。
この実写版リスペクト・ファンムービーについては、原作者の小林源文氏も一般公開に先立ち閲覧済となっており、同氏公式 Twitter を通じて出版元 ソフトバンク クリエイティブ社と共に作品の仕上がりに満足したことが示されている。


なお、ミリタリーブログに寄せられた SOEZIMAX 氏のコメントによると、「オメガ」ファンメイドムービーの「続編」となる作品の制作に対して既に意欲をみせている。

ストーリー部分を小林源文氏本人により強化され、パワーアップした究極版とも言える続編のファンメイドムービー制作は、気が早くも既に期待感を持たずにはいられない。


soezimax 2014/11/16


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開
ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開
WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
 ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開 (2018-09-28 18:56)
 ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開 (2018-09-27 20:23)
 WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』 (2018-09-25 16:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop