人工衛星ネットワークからネット接続を実現する装置「ランタン」が資金調達キャンペーン中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Outernet は 11 月 12 日、自身の YouTube チャンネルで、ランタン (Lantern) というディヴァイスを紹介する動画を公開した。

ランタンは人工衛星を使って、ネット環境のないところでもインターネットにつなげることができるディヴァイスだという。四角柱の形をしており、側面には太陽電池が貼り付けられ、充電の必要がない。

必要なのはブラウザだけで、ウェブページやニュース記事、ebooks、ビデオ、音楽などをやり取りすることができるという。1 日に受信できるデータ量は 2 MB ほどとのことだが、将来的には 100 MB にまで増やせるだろうとしている。

現在、クラウド・ファンディング・サイトの INDIEGOGO で、資金提供が呼びかけられている。

Outernet 2014/11/12
Lantern: One Device, Free Data From Space Forever / IndieGoGo
Text: 鳥嶋真也 - FM201412


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
 電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン (2018-10-25 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop