Magpul、グロック用ポリマーマガジン「Magpul PMAG17 GL9」を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Magpul、グロック用ポリマーマガジン「Magpul PMAG17 GL9」を発表
米テキサスに拠点を置くMagpul Industries Corp(以下マグプル)はグロック用のポリマーマガジン「Magpul PMAG17 GL9」を発表した。You Tubeやfacebookでは動画と写真が公開されている。
※本稿は海外実銃用マガジンを題材にしています。
グロックのオリジナルマガジンは、内部が装填時の膨らみを防止する為に金属製インサートが挿入されているが、マグプルのG17マガジンはポリマーのみでマガジンチューブを形成。コストダウンを計っている。

又、フォロワーはサードパーツで良く見られるオレンジ色で残弾がゼロになった際の視認性を向上、マガジン側面には17発装填された場合に確認できるフルロードホールが追加されている。

マガジンベースプレートもオリジナルでPMAGシリーズで得たノウハウと得意の樹脂成型を前面に押し出した製品だ。

価格もグロック純正が実売 25USD 前後で発売されているのに対し、PMAG17 GL9は価格 15.95USD でリリースされ、本体の販売数が多いグロックだけにARマガジンとは別に新たな市場作りを展開しているようだ。

Magpul 2015/01/15
Text: Ocean - FM201501

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop