「24 TWENTY FOUR」次回作、ジャック・バウアー不在で製作する可能性も

映画・テレビ Comments(0)
「24 TWENTY FOUR」次回作、ジャック・バウアー不在で製作する可能性も
アメリカのエンターテイメント系ニュースサイト「 Variety 」が、次回作の『 24 TWENTY FOUR 』は主人公ジャック・バウアー (Jack Bauer) 不在で製作する可能性があることを、同ドラマを製作するFOXテレビジョングループの共同会長を務めるゲイリー・ニューマン( Gary Newman )とデイナ・ワルデン( Dana Walden )の両名が明かしたことを伝えた。
これは、アメリカ・カリフォルニア州パサデナで開催されたテレビ評論家協会( TCA )主催のプレスツアーに出席した両名がインタビューに答えたもので、『 24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ 』(原題:24: Live Another Day)の製作総指揮を務めたマニー・コト( Manny Coto )、ハワード・ゴードン( Howard Gordon )、エバン・カッツ( Evan Katz )、ブライアン・グレイザー( Brian Grazer )らから持ち込まれた次回作の企画は、「ジャック・バウアー以外のキャラクターをフィーチャーしたドラマ」であったと語った。

しかし、これによって主人公ジャック・バウアーが消えるのではなく、ドラマの世界観を広げるための実験的な試みであると説明している。
また、『 24 TWENTY FOUR 』の次回作は2016年放送予定とのこと。

尚、ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランド( Kiefer Sutherland )はこの企画を了承している模様。次回作について同氏は昨年12月に「もう出演しないかも!?」と発言し波紋を呼んでいたが、最新作の『 24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ 』に満足しているという意味であり、今回の件とは直接関係は無いようだ。

Variety 2015/01/17
Image: Logo of the American TV series 24 via Wikimedia Commons
Text: 弓削島一樹 - FM201501

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始
映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売
映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開
世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』
『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売
ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始 (2019-09-09 10:29)
 映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売 (2019-09-06 17:04)
 映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開 (2019-09-05 15:06)
 世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』 (2019-09-02 17:14)
 『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売 (2019-08-26 18:29)
 ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』 (2019-08-21 11:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop