SALIENT ARMS AR15 用「Jailbreak」マズルデバイス&QD レイル

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
SALIENT ARMS AR15 用「Jailbreak」マズルデバイス&QD レイル
数々のハンドガンカスタムやARカスタムを提供するSALIENT ARMS INTERNATIONAL(カリフォルニア)は、米国で行われた2015 SHOT SHOWで新製品を発表した。新製品は「Jailbreak」というマズルデバイスで、レイルと一体型に装着できるユニークな物となっている。
※本稿は海外実銃用パーツについて掲載しています。
通常ARライフルはカスタムメーカーによる軍用より優れたフラッシュハイダーが装着されており、それのみを単体で使用する場合が殆どであるが Jailbreak はレイルとデバイスをネジで繋ぎハイダーの上に覆い被さる様に装着する。 これにより反動の更なる軽減や、弾丸発射時に勢いよく放出されるガス・ブラストへの効果が期待できそうだ。

このデバイスは本当にユニークな形状で、バックプレッシャーへの対応なども考慮されているようだ。サプレッサーとハイダーの中間と考えた方が良いかもしれない。

側面には18個の小さなホール穴が8面に加工され、レイルシステムも装備されている。 真下にはレイルとのロック機構があり、細かいネジピッチでレイルと結合される。表面はハードコートテフロンにより使用後はブレーキクリーナーで対処できそうだ。

このライフルのレイルはQDレバーでワンタッチで取り外し可能で、今後は色々なデバイスを組み替える可能性もある非常に面白いシステムだ。

このシステムを装着されたSAIの新型ARライフルはGRYライフルと呼ばれ、セミオートで優れた連射を引き出す事ができる。

現在はまだ開発中のようで続報を待ちたい。
Recoil Magazine 2015/01/27
Photo: DEFCON Group official FaceBook 2015/01/21
Movie: Solscud 2015/01/27
Text: Ocean - FM201502

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop