「フィギュアの皇帝」はサバイバルゲーム愛好家

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
フィギュアスケート界の皇帝、ロシアのエフゲニー・プルシェンコ (Evgeni Plushenko) 選手が先月、日本の TV 番組の企画で来日。その際に立ち寄ったエアガンショップでの写真が Twitter 上で掲載され話題となった。

「フィギュアの皇帝」はサバイバルゲーム愛好家プルシェンコ選手が立ち寄ったのは、ミリブロ読者にお馴染みのガンショップ、FIRST 東京アメ横店。出待ちのファンや、店内に居た多くのギャラリーの目を気にすることなく大量のエアガンを購入して帰った。
(番組放映がおこなわれた 1 月末をもって、当日の模様を SNS で投稿することが解禁されている)
プルシェンコ選手は、自身の FaceBook や Instagram および オフィシャル フォーラムで、サバイバルゲームに興じている写真を多数掲載し、生粋のサバイバルゲーム愛好家として知られている。

この日、店内に数ある商品の中でプルシェンコ選手の目を引いたのは、ガスブローバック式ハンドガンと、それに取り付ける為の小型ウェポンライト。

自身の持つ SNS を中心に、プルシェンコ選手のサバイバルゲームでの足跡を辿れば、インドアゲームで楽しむ様子を収めた写真が多く掲載されていることからも頷ける選択となっている。

また、本国でのサバイバルゲームは、時に 1,000 人規模のビッグゲームが開催されることもあるようだが、プルシェンコ選手のお気に入りは夜間ゲームとのこと。

Evgeni Plushenko official FaceBook 2015/01/24
Evgeni Plushenko official Instagram
Evgeni Plushenko official forum
Plushenko News_Eng @PlushenkoNews 2014/11/27

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」 (2020-01-30 16:30)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
 リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表 (2020-01-21 15:20)
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop