3Dプリンターで製作された「M-1 Enforcer」エアソフト

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
3Dプリンターで製作された「M-1 Enforcer」エアソフト
今後の製造分野で注目を集めている「3Dプリンター」。それを利用してSFガンを製作している動画が公開された。

米フロリダ州に拠点を置く「3DPrint.com 」はユニークなデザインの「M-1 Enforcer」を公開した。
こちらはエアソフトガンの内部機構に3D CADで設計されたプリントアウトした外観を併せ持つ。ベースになったエアソフトガンは電動M4ベースだと記述されており、簡単なオリジナル機構も内蔵されている。
3Dプリンターは様々なプリント方式があるが、これは積層式で構築されているようだ。 設計は市販のCADソフトや現在はフリーでのソフトウェアなども存在しており、誰でも設計可能でそれを立体化する事ができるのが売りだ。ユーザーは個人から企業が対象で、航空宇宙や医療分野までと幅広い。

米軍では最前線での武器パーツを調達では無く、現地での製造を目指している。また安価に生産可能である為に、無人機の量産なども検討しているようだ。

日本でも経済産業省を中心に3Dプリンターの補助金制度などを設けている。中小企業を中心に積極的な導入を図っていて企業側も関心が高いのが実情だ。国産プリンターもキーエンス製などが現在発売されているが、3Dプリンターの特許の多くはアメリカ・イスラエルであり、日本企業は実質乗遅れている感もある。

現在は更に早く高精度で、耐久性にも優れた研究が進められていて何れは金型生産・切削分野の代わりになる時代が来るかも知れない。国家間で注目の産業と言える。

3D Printer & 3D Printing News 2015/01/21
AirSplatcom 2015/02/11
Text: Ocean - FM201502

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
 「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開 (2019-09-27 18:59)
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop