人気FPS「HALO」に登場する「MA5Bアサルトライフル」のエアソフトガンが発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
「ブレードランナー」のデッカード・ブラスターや「エイリアン」シリーズのM-41Aパルスライフルなど、創作の世界にはたくさんの銃器が登場する。Xboxの大人気FPSゲーム「HALO」の登場人物、UNSC海兵隊が使用するMA5Bアサルトライフルもその一つ。今回このシンボリックなライフルが電動エアソフトガン化された。
金属のインナーフレームに樹脂製の外装という構成。価格は725ポンド(約13万3千円)とやや高価ながら、LAND WARRIOR AIRSOFTによるレビュー動画の中ではなかなかの剛性感を見せている。ゲームでの雰囲気を再現するため残弾カウンターは実際に動作し、95発の初期表示からゼロに至ると弾倉を外して再装填するまで回路がカットされて射撃できなくなるというギミックを装備している。また、フル・セミセレクターもデジタル回路となっており、ボタン1つで切り替えが可能である。フラッシュライトも内蔵。なお、セレクター回路のために9V電池が、フラッシュライトのために単4電池が別に必要となる。

なお動画中では倒した相手のそばで屈伸するなど、FPSゲームっぽい楽しみ方も紹介している。サバイバルゲームだけでなく「マスター・チーフ」のコスプレにも欠かせない小道具となりそうだ。

SPARTAN117GW 2015/02/23
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop