カラシニコフ・コンツェルン 学校と合同で銃器デザインコンテストを開催 入賞作品を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
現在はロステック社の傘下にあるカラシニコフ・コンツェルンがS.G.ストロガノフ・モスクワ国立芸術・産業アカデミーと合同で行った銃器デザインコンテストの入賞作品が発表された。S.G.ストロガノフ・モスクワ国立芸術・産業アカデミーでインダストリアルデザインを学ぶ学生たちの成果を発表するためのもので30人が参加した。
※本稿は海外実銃に関する話題を掲載しています。
コンテストはカラシニコフ・コンツェルンの製品から、バイアスロン用Biスモールボアライフルの「Bi7-4」、ハンティング用ライフルの「タイガー」、それから散弾銃の「サイガ」の3つ民間人向け銃器をそれぞれ再デザインするという内容。部門ごとに「タイガー」はユージーン・サルハニャンツァ、Bi7-4はグレブ・イヴァノフが1位を受賞、「サイガ」の1位は該当者がなく、2位のサルハニャンツァがトップとなった。

グレブ・イヴァノフ作のBi7-4
Image courtesy of Rostec and Karashinikov Concern


ユージーン・サルハニャンツァ作の「サイガ」
Image courtesy of Rostec and Karashinikov Concern

カラシニコフ・コンツェルンの国内向け軍用銃部門の成長は頭打ちになっており、アメリカなどへの輸出に力を入れる方針。そのため旧来の無骨で質実剛健なイメージを塗り替え、広くアピールするデザインを模索しているようだ。

Source: Ростех :: Новости :: «Калашников» подвел итоги конкурса дизайна стрелкового оружия
Концерн «Калашников» подвел итоги конкурса на лучший дизайн стрелкового оружия среди студентов МГХПА им. С.Г. Строганова - Концерн Калашников
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop