機関銃手の伏せ撃ち時に最適な防弾プレートシステム「AJAX Armor System」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
アメリカのタクティカルギアメーカー Tactical Revolution 社が、機関銃(M240、FN MAG、M249など)のサイドレールに装着する防弾プレートシステム『 AJAX Armor System 』をリリースした。
※本稿は海外実銃に関する話題を掲載しています。

『 AJAX Armor System 』は、射手の肩を防御する目的で開発されており、伏せ撃ちのサイティング時が最も理想的な防御シルエットになるとされている。

防弾プレート部とマウント部から構成されたシステムは、ピカティニーレールにワンタッチで装着可能である。防弾プレート部の素材は“ MIL–A 46100 steel plate ”で、1枚につき重さは3.6ポンド(約1.6kg)、マウント部の重さは1.46ポンド(約662g)となっている。使用時にはプレート部を前方へ展開し、移動時には畳むことが出来る。PV映像には、被弾時にマウント部のアーム部分が着弾エネルギーを後方へ受け流す様子が映し出されており、衝撃を和らげる構造となっているようだ。

機関銃に限らず、サイドレールが備わったスナイパーライフにも装着が可能で、スナイパー用アプリケーションとしても汎用性がある。

また同社では、各種車両 / ATV / ボート / 航空機 / 検問所 / 監視所といった銃架に固定された機関銃での使用も提案している。

カラーは、ブラックとタンの2色。防弾レベルとして、308モデル( 7.62x51mm M80 NATO )と、AKモデル( 7.62x39mm M43 Type PS )の2種類がある。

Tactical Revolution LLC 2015/02/14
Text: 弓削島一樹 - FM201503

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop