VFC・ガスボルト方式のスナイパーライフル「M40A5」を3月末に発売 海外でプレオーダー受付中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
今回VFCが台湾は台北で行われたミリタリーイベント武哈祭(Hooha Show)で発表したM40A5ライフルは、気化ガスを発射に用いる「ガスボルト」が採用されている。ボルトアクションライフル型のエアソフトガンといえば人力でスプリングを圧縮するものがほとんどだが、ガスボルトを使用することで実銃と同じように軽くボルトを操作することができる。

大部分のパーツはアルミニウムの切削加工で、フラッシュハイダーはCNC加工のスチール製。見た目がリアルなだけではなくチェンバー/コッキングインジケーターや、ボルトの取り外しなど各部分の機能・操作もリアルなものになっている。特徴的なフルアジャスタブルストックはマクミラン社の正式ライセンスを取得し、こちらもリアルに再現されている。
発売時期は2015年3月末。海外の一部ショップでは420ドル(約5万円)でプレオーダーを受け付けている。そのままでは初速過剰となり日本への輸入はできないが、デチューン版の登場を期待したいところだ。

Source and Images: VegaForceCompany Facebook Page
VFC M40A5 Gas Sniper Rifle ( DX / Limited Version ) / VFC-RG-M40A5G-OD02 | WGC Shop - Airsoft Supplier
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop