5.11 Tactical、全周囲 360 度を対象とした射撃トレーニング PV を公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
5.11 Tactical、全周囲 360 度を対象とした射撃トレーニング PV を公開
アメリカのタクティカルギアメーカー“ 5.11 Tactical ”が、全周囲360度を対象とした射撃トレーニングPV『 360 Degree Weapon Drills 』を Youtube の同社公式チャンネルで公開した。

映像には、スタンディング / ニーリング / リバースプローンからの全周囲をターゲットとした射撃フォームを指導する様子が映し出されている。特に、リバースプローン状態での姿勢変更は難易度が高そうに見受けられる。
インストラクターを務めているのは、米海兵隊、SWAT、USG( Protective Special Agent )、DOD( Civilian Defense Contractor )などを22年間に渡って従事し、現在はチーム5.11に所属する“Gator:ゲイター”の異名持つダニー・P( Danny P )である。

トレーニングに使われているのは、NLT( Next Level Training )社の SIRT( the Shot Indicating Resetting Trigger )Training Pistol と、 SIRT-AR Bolt が挿入されたライフルである。

SIRT-Training Pistol はレッドとグリーンのレーザーが銃口部上下に内蔵されており、トリガーを絞り始めるとレッドレーザーが照射され、ブレイク(シアを解放)する位置でグリーンレーザーを照射し、トリガーリセットの位置に戻すとグリーンレーザーは消える構造となっている。これは、トリガーコントロールをトレーニングする目的で開発された構造である。シルエットは Glock 17/22 を模しており、フル装弾の実銃と同じ重さになっている。

参考動画:01 SIRT Training, Trigger Prep and Squeeze
SIRT-AR Bolt は、AR-15 タイプライフルのボルトと換装し、トリガーを絞ることで銃口部からレーザー照射できる構造となっている。

SIRT-Training Pistol は、トラヴィス・ハーレイなど名立たるインストラクター達が使用しており、安全なトレーニングを行ううえで理想的なアイテムといえよう。

Text: 弓削島一樹 - FM201504

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催
ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去
装備好き企画集団「MMR-ZZ」主催、新感覚エアソフトイベント『レオ二ダースゲーム』
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
 サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催 (2019-11-12 17:56)
 ナイフメーカー「ガーバー」の創業者、ピート・ガーバーが死去 (2019-11-12 11:33)
 装備好き企画集団「MMR-ZZ」主催、新感覚エアソフトイベント『レオ二ダースゲーム』 (2019-11-11 18:00)
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop