E&L Airsoft から Glock 17 Gen.IV ガスブローバックが発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
E&L Airsoft から Glock 17 Gen.IV ガスブローバックが発売

First of all, thanks to Paul's valuable advice for this project!Find out by yourself what's the main difference of E&L...

Posted by E&L Airsoft on 2014年1月15日
AKシリーズの電動ガンを勢力的にリリースしている「E&L AIRSOFT」からGen4 GLOCK17タイプのエアーソフトが発売される。

E&Lとは中国四川省の実銃エアライフルメーカーEMEI社とエアーソフトで有名なLand Arms社の頭文字を並べた物。内部は既存製品に準拠したもので、特に目新しい所は無いが、外観はリアルサイズとなっている。
彼らのFACEBOOKページから引用すると、

1.外形はリアルサイズで、ありとあらゆるG17実銃ホルスターに挿入できる。
2.リアサイトの固定は実銃と同じで、実物リアサイトを取り付け可能。
3..リコイルスプリングガイドの構成は実銃のGen4通り。
4.マグキャッチスプリングも実銃と同じ構造。
5.実銃ガンケースを付属

となっており、ここ最近発売されているWE/VFC/STARK ARMS製などの良い所を丸ごと持ってきて製造した様なラインに見える。価格も相当安いであろう。

中国から輸出される商品である為にCO2タイプも発売される。日本以外ではフロンガスを使用しないのでこうした仕様も一般的だ。

Text: Ocean - FM201505

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
 東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催 (2019-04-22 12:28)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop