5.11 Tactical、同社初ロールトップバックパック「COVRT Boxpack」を発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
アメリカのタクティカルギアメーカー“ 5.11 Tactical ”が、同社初となるロールトップバックパック『 COVRT Boxpack 』をリリースした。

『 COVRT Boxpack 』は、スピード / 敏捷性 / あらゆる環境下での信頼性をコンセプトに設計されており、同社では初となるロール式メイン開口部を備えた全天候型:防水仕様のバックパックとなる。
本体の表側には、ピストルなどのサイドアームを収納できるスペースがあり、上部スリットから簡単に出し入れできるよう設計されており、“TacTec System”と名付けられたこの構造は本製品の特徴となっている。

側面部のデュアルサイドジッパーポケットには、アクセサリー / 水分補給ボトル / ピストル予備マガジンなどが収納可能。また、防弾パネルを格納できるスペースも設けられている。

素材は、1680-D バリスティックポリエステル。カラーは、ブラック / ストーム / ツンドラの3色。価格は、109.99米ドル。

参考動画:「 511 Tactical BoxPack SHOT Show 2015 」

Text: 弓削島一樹 - FM201505

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop