ベレッタ初のセミオート式ピストル Model 1915 生誕 100 周年の限定モデル「92 Centennial」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
92Fシリーズで有名なベレッタ社は、Beretta M1915 の生誕とイタリア軍での採用から100年を祝う記念モデル「92 Centennial Pistol」を限定で発売する。

Beretta Model 1915 は、同社初のセミオート式ピストルで、イタリアが第一次世界大戦に突入した翌月に同国軍に制式採用されている。その後同社は、先日米軍での制式サイドアーム採用 30 周年を記念したことが記憶に新しい M9 ピストルをはじめ、数多くのセミオートピストルを世に送り出している。

本題となるこの 92 Centennial Pistol は完全なコレクターズエディションで、デザイナーが多く集うイタリアらしい豪華な外観を持ち、ベレッタらしい曲線が多いピストルになっている。
※本稿は海外実銃に関する話題を掲載しています。

アジャスタブルリアサイト、デコッキング無しのアンビセフティ、限定モデルのみに施される刻印とメダリオンウッドパネルが装着される。

Action Single - Singola
Barrel length (mm) 125
Barrel length (in) 4.9
Caliber 9x19 (PARA)
Magazine 15
Overall height (mm) 137
Overall height (in) 5.4
Overall length (mm) 217
Overall length (in) 8.5
Overall width (mm) 38
Overall width (in) 1.5
Sight radius (in) 6.1
Sight radius (mm) 155
Weight unloaded (g) 1200
Weight unloaded (OZ) 42.3
ベレッタ社はこれまでにも数多くの限定モデルをリリースしてきた。
湾岸戦争記念モデル デザートストーム、9×21mm弾の98FSをベースにしたイタリア王国150周年モデル、ベレッタ創立470周年記念モデルなどバリエーションが多い。

もう一方で革新的な技術は無く、どれも同じと思える箇所も多いが、これまでの民間販売や公的機関の採用など実績が確かであり、コレクター向けの根強い人気ぶりも伺える。

Beretta 2015/05/28
Text: Ocean - FM201506

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop