ハンドガンのレールに取り付け可能な小型 BB シャワー「MINI GRANATWERFER」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
海外のエアソフト関連の動画を見ると、日本のエアソフト文化とは幾分かけ離れた独自の文化が一人歩きしているのが面白い。こちらの動画もそうした文化から生まれた物だ。

グロックに取り付けられた赤い小さな箱、黒い箱はヘルメットに取り付けられている。 正面から見ると、まるで戦闘ヘリのロケットランチャーで、ミリタリーの世界ではすっかり定番となったレイルシステムに装着可能となっている。
ZOXNAという海外ブランドから発売されているこの商品は「MINI GRANATWERFER 」と呼ばれ、どうやらドイツ製。スペインのSKW AIRSOFTが海外販売をおこなっている。ZOXNAはハンドグレネードタイプや迫撃砲タイプのどちらかと言えば「BB弾拡散型」商品を独自で展開しているようだ。

動画の小さなランチャーはアルミ切削とアルマイトで構成され、9連装のバレルから1発から複数のBB弾を各バレルに装填する。ボディ後部にはトリガーがあり、引くと一気に発射される仕組みのようで、近距離から中距離で威力を発揮しそうだ。ガスは本体側面からのバルブ注入式、ホルスターはフォーブスホルスターをデモでは使っている。

1回きりの複数弾発射は、迫力があり、正面からみても威圧的。最後の切り札的発想であるが、ヘルメットやライフルに複数個つけて同時発射するなど変わった楽しみかたができそうだ。

Airsoft Keks 2015/09/14
Text: Ocean - FM201509

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop