最大出力 300 ルーメン、SureFire キーチェーン型ライト「サイドキック (Sidekick) 」新発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
シュアファイア (SureFire) 社から、日常利用で大活躍すること間違い無し、キーチェーン型のフラッシュライト「サイドキック (Sidekick) 」が発売される。サイドキックは、超小型設計ながらも、最大出力 300 ルーメンの高出力を誇り、USB 経由によって繰り返し充電できるという利点を持っている。
出力は 3 段階に切り替えが可能で、最小出力 5 ルーメン時でのランタイムは 45 時間、 60 ルーメン時で 4 時間、300 ルーメン時で 1 時間 15 分となっている。

現在のところ本家 SureFire サイト上では「Coming Soon」表示が掲出されているが、海外版 Amazon では既に販売ページが作成されており、「一時在庫切れ」表示ながらも価格は 69.99 ドル (=約 8,600 円) が設定されている。

Surefire Sidekick
SureFire Sidekick Ultra Compact Triple Output Keychain Flashlight / Amazon

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop