ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるオリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』

映画・テレビ Comments(0)
ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるオリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』
ジャン=クロード・ヴァン・ダム(Jean-Claude Van Damme)が、ジャン=クロード・ヴァン・ダム自身を演じる Amazon Video オリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン(仮題)』(原題:Jean-Claude Van Johnson)のドラマシリーズ化が決定し、オフィシャルトレーラーが Youtube の Amazon Video 公式チャンネルで公開された。本作は、2016年に Amazon プライム・ビデオでパイロット版を公開し、シリーズ化を決めるアンケートが実施された。
本シリーズは ―― 銀幕のスターでマーシャルアーツの達人として世界的に知られるジャン=クロード・ヴァン・ダムは、世界一危険な仕事を請け負う「ジョンソン」という名の秘密工作員だった・・・。 ―― という設定で物語が展開される。パイロット版の評判は国内外ともに高く、シリーズ化を望む声が多かったようだ。B級アクション映画の常連と化しているジャン=クロード・ヴァン・ダムであるが、久しぶりの当たり役かも知れない。尚、ドルフ・ラングレン(Dolph Lundgren)と共演する潜水艦を舞台としたアクション映画「Black Water」が、2018 年公開に向け現在製作中である。

パイロット版の監督は、アクションコメディ映画「キアヌ」を手掛けたピーター・アテンシオが務めた。脚本は、「エクスペンダブルズ」や「GODZILLA ゴジラ」のデイヴ・カラーハン。エグゼクティブ・プロデューサーには、リドリー・スコットが参加している。制作は、スコット・フリー・プロダクションズ。共演は、キャット・フォスター、モイセス・アリアス、フィリシア・ラッシャッドなど。

アメリカでは、12 月 15 日より配信開始予定。日本での配信については、現時点で発表されていない。

Text: 弓削島一樹 - FM201710

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
特殊部隊の隊員が描く、本格クライムムービー漢たちの「HAKUTO」始動 開始。
災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編
元デルタのラリー・ビッカーズが映画「ボーダーライン」のミリタリー描写を徹底検証
警察官の「ボディカム」を題材にしたホラー・スリラー映画『Body Cam』の海外版トレーラー公開
映画「トップガン」TV版吹替を初収録した4K UHD ソフトが発売
「山猫は眠らない」シリーズのトム・ベレンジャー主演 スリラー映画『Blood and Money』のトレーラー公開
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 特殊部隊の隊員が描く、本格クライムムービー漢たちの「HAKUTO」始動 開始。 (2021-12-18 13:42)
 災害に、アウトドアに、一つあると心強いライト、 SureFire(シュアファイア) その1 歴史編 (2021-09-02 16:13)
 元デルタのラリー・ビッカーズが映画「ボーダーライン」のミリタリー描写を徹底検証 (2020-06-07 20:00)
 警察官の「ボディカム」を題材にしたホラー・スリラー映画『Body Cam』の海外版トレーラー公開 (2020-05-31 12:00)
 映画「トップガン」TV版吹替を初収録した4K UHD ソフトが発売 (2020-05-10 18:12)
 「山猫は眠らない」シリーズのトム・ベレンジャー主演 スリラー映画『Blood and Money』のトレーラー公開 (2020-04-15 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop