アングリー・ガンのKrytac『クリス・ベクター』電動エアソフト用カスタムパーツ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Angry Gun
香港のエアガン用レプリカパーツメーカー「アングリー・ガン(Angry Gun)」が、クライタック(Krytac)『クリス・ベクター(Kriss Vector)』電動エアソフト用カスタムパーツ各種を紹介している。

Photo from Angry Gun
M-LOKに対応する「KSV」レイルシステムは、初お披露目となったばかりの新製品。四方向45度オフセットマウントにも対応でき、ライトやレーザーといったアクセサリー類の拡張取り付けがおこなえる。なおこのレイルシステムのトップレイルは、ベクター本体よりも一段下の位置となっていることから、オプティクス越しの視線を邪魔しない構造となっている。


Photo from Angry Gun
また同じくKSVシリーズから専用サプレッサーも登場している。強力発光ユニットとして名高いエーステック(Acetech)社製「AT2000トレーサーモジュール」を内蔵した「トレーサーバージョン」と、6061アルミニウムを使った「ダミーバージョン」の2種で展開。両方ともに8インチのレングスとなっている。


Photo from Angry Gun
ミルスペック・バッファチューブ付きCNCストックアダプター。6061アルミニウムおよびスチール素材を使用した台湾製品。これにより、AR15に対応した殆どのバットストックの取り付けがおこなえる。(写真のサンプルではBravoシステムズ「B5」ストックを取り付け)

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop