アンダーレイルにワンタッチ装着、GLOCK17/19に対応するオーストリア製サイレンサー「FD917」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
アンダーレイルにワンタッチ装着、GLOCK17/19に対応するオーストリア製サイレンサー「FD917」
Photo from Pol-Tec
IWAやEnforceTacのPol-Tecブースに出展したオーストリア企業、Fischer Development社のサイレンサー「FD917」が話題となっている。
これはGLOCK17および19用で、アンダーレイルに適合しているためワンタッチ装着が可能というもの。
アンダーレイルにワンタッチ装着、GLOCK17/19に対応するオーストリア製サイレンサー「FD917」
Photo from Pol-Tec
従来のサイレンサーはスレッドバレルへの装着方式だったため、バレルなど本体側の変更が必要となり、使用できる弾薬も限られたものだった。

大まかなスペックは以下の通り。
対応:GLOCK(9mm)
方式:乾式/湿式
サイズ:236x67x25mm
重さ:350g
材質:6061/T6
音量:139db
寿命:3000発


アンダーレイルにワンタッチ装着、GLOCK17/19に対応するオーストリア製サイレンサー「FD917」
Photo from Pol-Tec
ワンタッチ装着はもちろん使用弾薬に依存せずスライドの動作にも影響しないといったメリットがあるが、ショートリコイル時にサイレンサーとバレルの間にギャップが発生することを考慮するとそれほど高い消音効果は望めない可能性がある。

とはいえ、銃本体は無加工のままで一定の消音効果が得られるとなれば、その需要は大きいのかもしれない。

出典:Fischer Development Suppressor for Glock 17 and 19 (Austria) - TFB

Text: 乾宗一郎 - FM201703

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
『Chot Show TOKAI 2020』レポート
謎多き射撃教官「インストラクター・ゼロ」自らの来歴を語る動画を公開
ネヴァダ州ハイウェイパトロールがシグ社のP320プロキャリーを制式拳銃に選定
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
 『Chot Show TOKAI 2020』レポート (2020-02-29 18:39)
 謎多き射撃教官「インストラクター・ゼロ」自らの来歴を語る動画を公開 (2020-02-27 20:04)
 ネヴァダ州ハイウェイパトロールがシグ社のP320プロキャリーを制式拳銃に選定 (2020-02-25 20:11)
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」 (2020-01-30 16:30)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop