フランスのアバター・グレネードから東京マルイ/WE製グロック対応のコンバージョンキット『Hornet M25』が新発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
衝撃感知式BBグレネード「アバター・グレネード(Avatar Grenade)」の開発で知られるフランスのエアソフト企業「アバター・ユニバース(Avatar Universe)」が、グロック(Glock)ピストル対応の新製品『ホーネット M25 スキンズ・キット(Hornet M25 Skinz Kit)』の予約販売を開始した。

関連記事:
フランス製エアソフト手榴弾「アバター・グレネード」がクラウドファンディングを通じて製品予約を開始

Photo from Avatar Grenade


Photo from Avatar Grenade
Hornet M25はその名の通り、三人称視点シューティング(TPS: Third-Person Shooter)系アクションロールプレイングゲームの『マスエフェクト(Mass Effect)』に登場した武器に由来するコンバージョンキット。

東京マルイ製および台湾WE製のガスブローバック/電動式グロックの両方に互換性を持つ高耐久性ナイロンファイバー製品で、M-Lokトップとサイドレイルシステムを備え、サバイバルゲームシーンでもバリバリ使えそうな仕様になるようだ。

「ホワイト・ケルベロス(White Cerberus)」/「ブラック・オブシディアン(Black Obsidian)」の2カラー展開で、いずれも80ユーロ(=約1万円)。2018年7月に出荷予定となっている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop