【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 【PR】 Comments(0)
これまで電動ガン用リポバッテリーや各種チューニングパーツを発売してきた BATON airsoft から、初のオリジナル CO2 ガスガン、『 M45A1 CO2GBB 』が2月中旬発売予定と発表され、予約が開始されている。

【TOPICS】
・樹脂スライド&樹脂フレーム
・三ヶ月ガス漏れ無償修理保証
・全純正パーツを通販で購入可能

[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBB 12,800円(税別)
https://www.gunsmithbaton.com/products/detail.php?product_id=2828

M45A1 CO2GBB の開発が始まったのは、昨年6月。BATON airsoft と台湾のエアソフトメーカーがタッグを組み、日本専用モデルとして M45A1 専用金型を製作。樹脂スライド・樹脂フレームとして日本の法律に準拠した仕様となっている。


カラーは BK (ブラック)と FDE (フラットダークアース)をラインナップ。M45A1 は 2016年にそれまでの Cerakote のTANカラーから、Ionbond コーティングの FDE カラーに仕様変更されており、現行カラーをモデルアップ。

ブラックカラーの場合は M45A1 のベースとなった Colt Combat Unit Rail Gun が正しい名称となる。

M45A1 ならではの幅広セレーションや、20mmアンダーマウントレールも忠実に再現している。

日本専売仕様ゆえにリアルマーキング。データマトリクスは Gunsmith BATON EC サイトの URL に飛ぶとのこと。

G10グラスファイバーグリップ積層模様をプリントで再現。グリップスクリューも M45A1 の大型のものになっている。

CO2 12gカートリッジを採用し、他社のガスガンとの互換性はない専用マガジン。CO2 カートリッジ 1本で、60~70発発射可能(装弾数15発)。

M45A1 CO2GBB はすべての純正パーツが Gunsmith BATON / Gun Shop BATON で購入でき安心。また、銃本体付属・スペア販売マガジンともに購入後、三ヶ月ガス漏れ無償修理保証付きとなっており、アフターサービスも万全だ。

※ 「 CO2GBB®」は、株式会社バトン Trading の登録商標です。登録商標第 5942965 号 : 射撃時に液化炭酸ガスを使用するエアソフトガン。玩具用。

[ BATON airsoft ] M45A1 CO2GBB 12,800円(税別)
https://www.gunsmithbaton.com/products/detail.php?product_id=2828


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
ウィルソン・コンバットからポール・ハウ・シグネチャーモデルのグロック19・26が発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 ウィルソン・コンバットからポール・ハウ・シグネチャーモデルのグロック19・26が発売 (2018-12-28 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop