フランクリン・シャフナー監督「パピヨン」をリメイクした脱獄映画『Papillon』海外版トレーラー

映画・テレビ Comments(0)
巨匠フランクリン・J・シャフナー監督の名作「パピヨン」(1974年日本公開)をリメイクした脱獄映画『Papillon』の海外版トレーラーが公開された。
本作は、フランスの小説家/俳優:アンリ・シャリエールが執筆した自叙伝「Papillon」と「Banco」を原作としている。物語は、無実の罪で終身刑となったパピヨンと呼ばれる男が、収監された刑務所から囚人仲間のドガと協力して脱獄を企てる…といったあらすじ。旧作では、スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの二大スターが共演し話題となった他、1973年度アカデミー作曲賞にノミネートされた。

本作でパピヨン役を務めるのは、SF怪獣映画「パシフィック・リム」の主人公ローリーやガイ・リッチー監督作品「キング・アーサー」でアーサー王を演じたチャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)。ドガ役に、太平洋戦争ドラマ「ザ・パシフィック」でメリエル・“スナフ”・シェルトン伍長を演じたラミ・マレック(Rami Malek)。他には、「エイリアンVSプレデター」で傭兵マークを演じたトミー・フラナガン、アイルランド出身の女優イヴ・ヒューソンなど。

監督は、数々の国際映画祭で受賞経歴をもつデンマークの新鋭ミケル・ノア。本作がハリウッドデビュー作となる。脚本は、スリラー映画「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが担当。

8月24日全米公開予定。日本での公開は現在未定である。

Text: 弓削島一樹 - FM201806

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
シルヴェスター・スタローン出演、刑事映画『Backtrace』
メル・ギブソンの息子ミロが元シールズの賞金稼ぎを演じるアクションスリラー映画『All The Devil's Men』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 シルヴェスター・スタローン出演、刑事映画『Backtrace』 (2018-11-16 10:20)
 メル・ギブソンの息子ミロが元シールズの賞金稼ぎを演じるアクションスリラー映画『All The Devil's Men』 (2018-11-05 19:02)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop