【海外エアガン】CLASSIC ARMYの新作電動ガン「13" KEYMOD CA083M」がリリース

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
海外の大手エアガンメーカーの1つ、CLASSIC ARMY(クラシックアーミー)から新製品が登場しました。


Classic Army 13" Keymod CA083M AEG
「13" KEYMOD (CA083M)」というARタイプの電動ガン。
公式webの商品ページ:http://www.classicarmy.com/product/ca083m
2016年のSHOTSHOWで展示されて話題となっていたモデルです。
各部を見ていくとAR(M4)がお好きな人には、かなりグッとくる仕様です。
まず名前の通り13インチのKey-Modハンドガードを装備。

Classic Army 13" Keymod CA083M AEG
URX4によく似たバレルナットのないフリーフロート仕様、アウターバレルは14.5インチです。
レシーバーは上下ともビレットタイプ。

Classic Army 13" Keymod CA083M AEG
ハンドガードと合わせていかにも民間モデルというセッティングですね。
前後のフリップアップサイトはTROYっぽいイメージ。
そのレシーバーは完全アンビ仕様!

Classic Army 13" Keymod CA083M AEG
セレクターはともかくボルトキャッチもアンビ仕様になっています。
ストックはクレーンタイプ。

Classic Army 13" Keymod CA083M AEG
見慣れたスタイルですがバッテリースペースに簡単にアクセスできる扱いやすいストックです。
その他にも動画の最後でこんな項目が。

Classic Army 13" Keymod CA083M AEG
スプリングのクイックチェンジ機能や低抵抗シルバーワイヤーはもちろん、MOSFETやディーンズ端子の搭載といったところがうれしいですね。
他にも9mmベアリングメカボックス、21:1のギアレシオ、ボアアップシリンダーなどもポイントでしょうか。

ここ最近の民間タクティカルARを過不足なくモデルアップしており、ミリタリーとはまた違った趣に仕上がっています。例えばショートスコープとKey-Modマウントのライトを搭載するくらいでちょっとしたタクティカル仕様が完成しそうです。
日本でも買えるようになるとおもしろいですね。

Text: 乾宗一郎 - FM201610

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop