フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
フランス大手エアソフト関連企業のサイバーガン社(Cybergun, S.A.)が、米国の同販売最大手「Evike.com」との間で戦略的合意に達したことが分かった。サイバーガンはチェーンストアと軍用マーケットを除いたエアソフト全製品の独占販売権をEvike.comに与える。


一方のEvike.comは米国で調達可能な100万ドル(=約1.1億円)相当の全在庫を購入する。既に150万ドル(=約1.7億円)近い発注をおこなっており、初年度で500万ドル(=約5.6億円)の取引と向こう5ヶ年超で年率5%の成長を見込んでいるようだ。

昨年度のグループ収益で40%を占めるとされる米国市場において、サイバーガンの販売力増強と固定費削減の構造的改革にも期待が寄せられている。

加えてEvike.comは、米国内のサイバーガンの従業員およびダラスにある倉庫に関連したリースの一部を引き継ぐことで、固定費が年間約50万ユーロ(=約6,300万円)削減されることを見込んでいる。

今回の契約合意についてサイバーガンのヒューゴ・ブルジェレ(Hugo Brugiere)副社長兼GMは、「これは当社にとって非常に有益な合意であり、注文数量の保証とEvike.comの持つ市場力を利用できる。そして現場コストの構造にメスを入れ、収益性の向上にも期待できる」「これにより我々は大西洋を横断する直接販売を主要なチェーン店に集約できる」と述べている。

Source: Cybergun bondit après l’annonce d’un gros contrat aux Etats-Unis

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「銃」と「ナイフ」はどちらが強いのか
6/15(土)・16(日)に東京・秋葉原で『トレーニングウェポンフェスティバル(TWF)』が初開催
銃器情報フォーラム『AR15.com』が、銃器関連販売大手『ブラウネルズ(Brownells)』の持ち株会社に買収
『ショットショージャパン2019春の部』搬入日速報
ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2019春」会場内配置図&開催直前の最新公式情報
エアソフトパーツメーカー「Angry Gun」の『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプ
 「銃」と「ナイフ」はどちらが強いのか (2019-06-14 17:48)
 6/15(土)・16(日)に東京・秋葉原で『トレーニングウェポンフェスティバル(TWF)』が初開催 (2019-06-10 16:35)
 銃器情報フォーラム『AR15.com』が、銃器関連販売大手『ブラウネルズ(Brownells)』の持ち株会社に買収 (2019-06-07 12:39)
 『ショットショージャパン2019春の部』搬入日速報 (2019-05-31 20:43)
 ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2019春」会場内配置図&開催直前の最新公式情報 (2019-05-30 12:38)
 エアソフトパーツメーカー「Angry Gun」の『L85A3』用コンバージョンキット・プロトタイプ (2019-05-24 20:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop