グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(1)

Photo from Deadpoint
銃に装着するウェポンライトは、軍や司法執行機関の要員だけでなく、セルフディフェンス用途でも有用なものであるが、装着すると専用のホルスターが必要になるなど面倒も多い。しかしDeadpoint社のものは、リコイルスプリングガイドに内蔵でき、未装着時と同じように使用することができる。
Deadpoint社のGen4 Glock用ライト。スプリングガイド、専用バッテリー、交換用のテイクダウンレバーが付属する。グロック17と19用が用意されているが、26などのコンパクト向けのものも開発中という。

Photo from Deadpoint

ボディはステンレス製。CREE社のLEDによって90ルーメンの光を45分間照射できる。250ルーメンのものも計画されているが、バッテリーのもちが課題のようだ。

Photo from Deadpoint

専用のテイクダウンレバーはフレームの外側に突き出し、これを人差し指で押し込むことでスイッチがONになる。こちらの動画ではグリップした右手の人差し指だけで点灯させている。

Dead Point Guide Rod Light Shoot House Test and Review - YouTube

間欠点灯しにくいこと、90ルーメンというのはウェポンライトとしてはかなり暗いことが欠点だが、ホルスターを変更せずに装着できる応急的なものと考えるとメリットはある。アクセサリーレイルに取り付けたメインライトのバックアップとしての用途も考えられる。価格は199ドル99セント(約2万2千500円)。

Source: DeadPoint

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201810
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
ホルスター、自作すればいいよ。以上
Posted by 死の沈黙の天使・ドマ | at 2018年10月26日 12:40
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop