【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 【PR】 Comments(0)
掲載商品1万点以上!激安ミリタリー通販でお馴染み『Dress&Gun』が10月11日(木)、和歌山市松江のゲームセンター跡地に「新店舗」をプレオープンさせることが分かった。

Dress&Gun通販サイト:
http://dress1105.shop-pro.jp/
またオープンを記念し、13日(土)・14日(日)両日に協賛業者を招いた物販イベントがおこなわれる。
開催要項は以下の通り。
DRESS&GUN松江店オープン記念イベント
日時:2018年10月13日(土)、14日(日)※両日とも午前10時オープン
場所:〒640-8425 和歌山県和歌山市松江北1丁目3-13
 ※最寄り駅:南海加太線 東松江駅
連絡:TEL:073-481-2790

出店:
MAYOZONES商店、SMILE-EYE TACTICAL、SWAT、ミミー、HARDCORE TACTICS、 ホビーショップいずも、カフェ&シューティングバー XYZ、Lambdaエアソフト(敬称略・順不同)

現地には30台収容可能な専用駐車場があるが、当日は混雑が予想されるため、電車をはじめとした公共交通機関の利用が推奨される。

なお、松江店では店舗併設インドアフィールドの運営もおこなわれる。インドアフィールドは現状で和歌山唯一の存在となり、最大30名でのゲームが可能。水洗トイレ付、空調完備となり、天候に左右されずゲームプレイを楽しめるのが嬉しい。
Dress&Gun通販サイト:
http://dress1105.shop-pro.jp/


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop