「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
温かい飲み物が恋しくなるこの季節。『イオテック(EOTech)』の『サーモクロミック・マグカップ(Thermochromic Mug)』がオススメだ。
このマグカップには、温度の変化に応じて色を変える性質の熱変色性素材が使われており、温かい飲み物が注がれることで表面にホログラフィック・レティクルが浮かび上がる仕掛けとなっている。

Photo from EOTech


Photo from EOTech
公式通販サイトでは12.95ドル(=約1,500円)の値札が付けられており、確認する限りでは「グリーン・レティクル」仕様は無く、レッドのみとなっている。なお、熱変色性素材の使用により、食洗器や電子レンジに対応していないので、普段使いでは注意が必要だ。
関連記事:
EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表

「温度変化で照準が狂う」とする『サーマルドリフト(Thermal Drift)』問題で激震の走ったイオテック・ホログラフィック・ウェポンサイト。今年9月末には米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)が、L3 EOTechに対して総額27億円におよぶ「CQBサイト&マグニファイアー」の契約を交わしている。

関連記事:
米海軍海上戦闘センター・クレーンが総額27億円の『L3 EOTech』製「CQBサイト&マグニファイアー」を契約

Source: EOTech Thermochromic Ceramic Mug

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop