EMG ArmsよりSalient Armsのカスタムグロック「SAI BLU」のエアソフトガンが登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from EMG Arms
アメリカのEMG Armsのfacebookページにおいて、SAI(Salient Arms International )のカスタムグロックである「SAI BLU」の図面が公開された。
BLUはSalient Armsが最初に生産したコンプリートガンで、グロックをベースにS&W M&Pの人間工学的デザインを取り入れたデザインが個性的だ。

なお、EMG Armsの「EMG」とは、「Evike Manufacturing Group」の頭文字を取ったもので、アメリカのエアソフト販売最大手Evike.comの名称を拝し、2014年に軍・法執行機関向け訓練およびエアソフトによる戦争ゴッコ用品を手掛ける製造部門として創設している。

Photo from EMG Arms
サプレッサー対応のスレッドバレルを標準で装着しているのが大きな特徴。
ひときわ目を引く真鍮製のストレートバックストラップは適切なグリップアングルとウェイトバランスの改善に有効だという。

Photo from EMG Arms
今回の発表では「エアソフトガン」ということしか明らかにされていないが、ほぼ間違いなくガスブローバックだと思われる。ただしアメリカ市場ということもあり、日本国内への導入に関しては難しい面がありそうだ。


Photo from EMG Arms
EMG ArmsはSalient ArmsのカスタムAR「SAI GRY」の電動ガンで知られているが、このBLUも正規ライセンスを獲得しており、これから話題に登ることが増えると思われる。

EMG Arms公式サイト
http://www.emgarms.com/

Text: 乾宗一郎 - FM201705

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop