香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)

Photo from FMA
香港のサバイバルゲーム関連グッズ製造業「FMA社(FMA Professional Airsoft .LTD)」が、新製品『FMA PVS 21』の写真数点を公開した。メーカー製PVS-21のダミー品は市場初となる。


Photo from FMA


Photo from FMA


Photo from FMA
STS社(Sensor Technology Systems, Inc., 現ベレッタ傘下Steiner Defense)のPVS-21は、2000年代初頭に運用されたロープロファイル用の夜間暗視ゴーグル。光路が折れ曲がる構造を採用したことで、他の多くのナイトビジョンゴーグルよりも全長の短いデザイン設計となっている。これにより、複雑な構造をした建屋内部などで、精鋭オペレーターの動きを阻害しないという特徴を持つ。またもう1つの特徴としては、特許取得された「シースルーオプティクス(see-through optics)」「折り畳み式オプティクス(folded optics)」の採用によって、眼鏡レンズの向こうに広がる闇夜の全景を視認できる点が挙げられる。


Image is for illustration purposes only.
FMAが手掛けるPVS-21は、ナイトビジョンゴーグルとして本来備わっている機能こそ無いものの、英陸軍特殊部隊「SAS」や米司法省・麻薬取締局「DEA」といった精鋭オペレーターのコスプレ用ダミーアイテムとして申し分の無いものとなりそうだ。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop