電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
主にRCエアプレーンを取り上げるyoutubeチャンネル「FliteTest」において、「電動ガンのメカボックスを搭載したA-10攻撃機のラジコン」で地上目標を射撃する動画がアップされた。

関連記事:
ミリコスゲームで近接航空支援 (CAS) も、ナーフガンを搭載したラジコン A-10
A-10は約2mという巨大サイズ。電動のRCエアプレーンで素材はダンボール製。

Screenshot from FliteTest YouTube channel
各パーツはレーザーカッティングにて切り出されて組み上げられる。

メカボックスはP90の電動ガンから取り出したver6。

Screenshot from FliteTest YouTube channel
自作のアタッチメントにてチャンバーと一体化し、マガジンはBizonのものを使用。マズル部にはトレーサーも装着している。

ターゲットは同じく自作のダンボール製のRC戦車。

Screenshot from FliteTest YouTube channel
走行だけでなく砲塔旋回も可能な大型モデルだ。

肝心の飛行や射撃についてはぜひ動画をチェックしてほしい。

Screenshot from FliteTest YouTube channel
試作モデルやメカボックスの調整、テストフライトでの墜落シーン、そしてその改良の様子などちょっとしたドキュメントフィルムのようなムービーに仕上がっている。

Text: 乾宗一郎 - FM201810

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
 PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた (2018-11-21 18:25)
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop