究極の電動ガン「GBLS DAS M4」特別バージョンが日本限定発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
まるで実銃ようなリアルな構造と動作を備えた電動ガン「GBLS DAS M4」の特別バージョン『GDR15 Japan Edition』が発売される。

Screenshot from COO GBLS's YouTube channel
このスペシャルバージョンの仕様は以下の通り
・スペシャルボルトキャリア〜メタルシルバーカラー+スーパーハードアノダイジング
・スペアマガジンx5付属(本体分と合わせてトータル6本付属) 
・「JP 1ST SE 」の特別刻印
このような内容で200,000円の特別価格となっている。

DAS M4の最大の特徴ともいえるのはボルトキャリア。ピストン+シリンダーを内蔵しておりワンアクションで取り外しが可能だ。

Screenshot from COO GBLS's YouTube channel
もちろんそのためのテイクダウンも実銃通りに行える。

Screenshot from COO GBLS's YouTube channel
他にもブローバック機能やそれに伴う激しいリコイル、シア式トリガーによる実銃さながらのトリガーフィーリングなど究極のリアルさを備えた電動ガンがDAS M4。
M4のトイガンとしては過去最高レベルの再現性といわれている。

予約については
関東地方が3月10日から3月31日まで www.bullet-airsoftgun.com
北海道では4月10日〜4月30日まで www.miu-airsoft.com
にてそれぞれ分けて行われる。

Text: 乾宗一郎 - FM201803

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
 WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』 (2018-12-12 16:29)
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop