G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
台湾エアソフトメーカー、G&Gアーマメント社よりコンパクトで取り回しの良いサバイバルゲームでの利用に特化したサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が、7月の発売に向けて6月より予約受付開始となる。

AR 9mmサブマシンガンをイメージしたARP9は、ETU・MOSFETに加えて垂直トリガーを採用し、従来製品にないトリガーレスポンスを実現。米軍特殊部隊が高く評価したことが伝えられ、俄然注目されるマグプル「M-LOK」に対応した5インチレール(CNCアルミ製)を実装し、拡張性を持ちながらも全体的にコンパクトな設計となっている。

関連記事:
米軍特殊作戦司令部が「M-LOK」モジュラーレイルシステムを高評価
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売

G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
最新の「GOS-V5 PDW」ワイヤーストックによって、射手の体格や好みに応じて長さを調節することができる。取り回しの良さは、ゲーム展開時に大きなアドバンテージを生み出すことになる。

G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
Photo from G&G Armament
今年1月の米国ショットショーでアナウンスされた「ARP9」。全体的にかなりの剛性感が伝わる造りが印象的で、標準の300連ARマガジンを装着する際はグラ付きを全く感じさない。また、1,500発超の装弾を誇るドラムマガジンも別売予定となっている。

ショットショージャパンの会場で実射展示がおこなわれたが、手に取った来場者の評判も上々。夏以降に各地のフィールドで目にする機会が増えそうだ。

ETU・MOSFETに加え、垂直トリガーを採用し、今までにないレスポンスを!
・ETU&フルオート3連バースト
・電子トリガーMOSFET搭載で連射性能が向上
・3連バーストとフルオートの切り替えが可能
・溝付きセーフティレバーで操作性も向上

フルオートと3連バーストの設定
セレクターをセミオートの位置にしてトリガーを引いた状態で10秒間待ちます。MOSFETの赤いランプが点灯したらセットアップが完了し、フルオートのポジションが3連バーストになります。3連バーストをフルオートに切り替える際も、同じ操作を繰り返してください。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ARESエアソフトの新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』が間も無く発売
S&Tより九七式狙撃銃がお手頃価格で間もなく登場
あの映画に登場したブリーフケース入りSMGを完全自作で再現!
終末的世界観の新イベントゲーム、『Disasterz(デザスターズ)』が開催
KWA社がエアソフトガンを使用したLE向けトレーニングプランを公開
東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催
 ARESエアソフトの新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』が間も無く発売 (2019-05-23 18:13)
 S&Tより九七式狙撃銃がお手頃価格で間もなく登場 (2019-05-16 13:07)
 あの映画に登場したブリーフケース入りSMGを完全自作で再現! (2019-05-15 13:40)
 終末的世界観の新イベントゲーム、『Disasterz(デザスターズ)』が開催 (2019-05-07 16:08)
 KWA社がエアソフトガンを使用したLE向けトレーニングプランを公開 (2019-04-26 15:40)
 東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催 (2019-04-22 12:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop