ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米国でタフギアのデザイン・製造を手掛けている「ゴーラック(GORUCK)」が、ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したような新製品、『MACV-1』の予約販売を開始した。今年10月の出荷を予定し、価格は195ドル(=約2.1万円)となっている。

Photo from GORUCK
開発にはベトナム戦争当時の「MACV-SOG(南ベトナム軍事援助司令部)」に従属していた人物や、現代戦でグリーンベレーとして活躍した人物が関わっており、軽量にして強靭、シリアやアフガニスタン、アフリカなどあらゆる特殊部隊訓練での使用を想定した造りとなっている。


Photo from GORUCK


Photo from GORUCK
重量は14オンス(=約400グラム)以下で、同種のカテゴリーにある製品の中では最軽量。フルグレイン皮革と特殊部隊の過酷な使用にも耐え得る材料を厳選し、三重強化縫製、圧縮泡を使った二重構造のインサートなどが用いられている。
また、意図的に防水性能を追求していないことも特徴に挙げられている。これは、防水ブーツで不用意に浸水した場合、ブーツ内部がいつまでも乾くことなく皮膚がふやけ、怪我を誘発してしまうことを教訓としている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop