『M14 EBR』エアソフトの「ブルパップ」化カスタム

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ポーランドのエアソフト販売店「Gunfire」が、中国CYMA製電動エアソフトをベースとした『M14 EBR(Enhanced Battle Rifle)』の「ブルパップ(Bullpup)」化カスタムを紹介する映像を投稿した。
M14 EBRは、射手の好み対応するストック部分のアジャスト機能と、ライトやレーザーなど各種アクセサリ類の取り付けによる拡張性を高めたことから無骨なデザインとなっており、エアソフト製品の中でも人気の高いモデルとして定着している。

一方で重量を持ち、更にその構造上「フロントヘビー」となってしまうことからバランスが悪く、射撃時には特にその重量負荷を感じやすい設計となっている。

グリップとトリガーより後方に弾倉や機関部が位置するブルパップ方式を採り入れることで、M14ならではの銃身長を保ち銃全体を短縮している。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop