89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
27日、28日を会期に大阪ミナミ・アメリカ村で開催中のショットショージャパン会場で、「航宙自衛隊 制式小銃」と題したガスブローバック式エアソフト、「スペースブラスター(Space Blaster)T2189」が、2017年9月に発売されることが分かった。

香港・九龍を拠点とするオクタゴン・エアソフト&アクティヴィティーズ(Octagon Airsoft & Activities)をメーカーとし、希望小売価格は79,800円(税別)が示されている。
製品版については折曲銃床タイプではなく、固定銃床になるとのこと。今回展示のあったモックアップ状態は古いものとなっており、実際には既に踏み込んだ開発が進められている。

製品名称にこそ示されていないが、明らかに形状は89式小銃(Howa Type 89)のそれとなるため、陸上自衛隊・89式小銃ファンにとっては外せない選択肢となりそうだ。

なお、注目の新商品「T2189」の日本国内における総代理店は「ホビーショップいずも」となっており、その続報、詳報はミリブロ内同店公式ブログにて投稿予定となっている。

ホビーショップいずも
株式会社イズモアクティビティーズ
http://hobbyizumo.militaryblog.jp/


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop