カラシニコフ社の新型中距離狙撃ライフル「SK-16」が雑誌で公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
カラシニコフ社の新型中距離狙撃ライフル「SK-16」が雑誌で公開
Photo: via The Firearm Blog (TFB)
ロシアのドラグノフ狙撃銃(SVD)の後継として適したライフルは未だ登場していない。しかし今回、ロシア版「Popular Mechanics」がカラシニコフ社の新作として「SK-16」を紹介している。

ドラグノフは比較的近距離から歩兵を援護する、アメリカで言うところの「マークスマンライフル」の初期の傑作である。西側ではアサルトライフルとほぼおなじサイズでやや大口径、そしてヘビーバレルを装着したモデルであることが多い。

SK-16もこのコンセプトに連なるもので、SVDのサイドレール式マウントではなくトップレールを採用、マズルデバイスはサイレンサーを装着可能なものに改められ、全長もSVDよりかなり詰められている。弾薬は西側の.308/7.62mmNATOを使用しており、輸出を強化しようとしているカラシニコフ社の戦略に合わせたモデルといえそうだ。
カラシニコフ社の新型中距離狙撃ライフル「SK-16」が雑誌で公開
Photo: popmech.ru
SVDのモダナイズ(近代化)については様々な試みがあり、例えばチェコのSureshot Armament Group社はトップレールとKeymodハンドガードを独自に開発している。

カラシニコフ社の新型中距離狙撃ライフル「SK-16」が雑誌で公開
Photo Sureshot Armament Group Facebook Page

近年、世界的に軍の装備品の「西側化」が進行している。SK-16も「東側っぽさ」が大きく薄れており、この流れが小銃についても例外ではないことを示している。

Source: The Firearm Blog 2016/05-30

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201606
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売
頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表 (2019-09-09 19:15)
 Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売 (2019-09-05 15:41)
 頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中 (2019-08-29 13:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop