2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!

映画・テレビ Comments(4)
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
劇場公開が2020年に決まり公式トレイラーも公開された『TOP GUN MARVERICK』。
前作『TOP GUN』が1986年の公開なので34年ぶりの続編となる。
主役のマーベリックを演じるのは前作と同じトム・クルーズ(Tom Cruise)だ。

その公式トレイラーがマニアの間で話題となっており、そのポイントを登場順に検証してみたい。
01:フライトグローブは?
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
トレイラーの冒頭、低空飛行のスーパーホーネットのコクピットビューより。
グローブをしていないのが気になるかもしれないが、素手で操縦するパイロットもいないわけではない。
それよりもスティックがスーパーホーネットではなくレガシーホーネット(F/A-18)のもののように見える。こういう機体もあるのだろうか。

02:空母のハルナンバー
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
画面に登場する空母の甲板の番号(ハルナンバー)がない。
トレーラーだから?

03:マーベリックの階級
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
現段階で最大のナゾがこれ。
マーベリックの階級はエド・ハリスとの会話で「CAPTAIN」だと分かるがアメリカ海軍のCAPTAINは「大尉」ではなく「大佐」を意味する。そしてアメリカ海軍の大佐は将官への昇進リストに載らなければ一定期間で退役を余儀なくされる。これは法律で決まっていることだ。
つまり前作『TOPGUN』が34年前だとするとマーベリックはとうの昔に軍から退いてなければならない。
まさに彼のいう「人生の謎の1つ」だ。

04:ヘルメットのJHMCS
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
現在アメリカ海軍のスーパーホーネットは「JHMCS(Joint Helmet Mounted Cueing System)」を全機採用している、これはHGU-55Pフライトヘルメットに取り付けるモジュラーディスプレイでパイロットは各種の情報や暗視映像などを視界内に配置しながら操縦できる。
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
(出典:https://jhmcsii.com
本来であればこのSF風味の強いバイザーがついたヘルメットでなければならないはず。

05:フライトジャケットのパッチ
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
このG-1フライトジャケット背面のパッチから日本と台湾の国旗がなくなったと一部で話題となった。
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
ただ、前作のジャケットはマーベリックの父親がベトナム戦争当時に着ていたもので、今回のジャケットはマーベリックが前作で3機撃墜した記念に作ったものだからこれで間違っていないという考察もある。前作の空戦はインド洋上空なので日本と台湾は関係ない→国旗がないというわけだ。

06:加圧式のフライトスーツ
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
トレイラーには宇宙服のような加圧式のフライトスーツが登場する。
これはU-2やSR-71といった超高高度を飛ぶ機体で使用されるもので、アメリカ海軍にはこれに該当する機体はない。

07:爆装と装備の組み合わせ
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
4機編隊での低空飛行を指揮するシーン。爆装はAIM-9X(サイドワインダー2000)とGBU-24(2000ポンドレーザー誘導爆弾)を各2発。それに増槽とAN/ASQ-228赤外線ポッド(ATFLIR)を懸架している。
AIM-9XやATFLIRを装備していることから機体はF/A-18E/Fのブロック2になるはずだが、そうなると先のJHMCS未装着という点がなおさら奇異に感じられてしまう。

08:F-14トムキャット
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
前作の主役機でマニア以外にも広く名の知られたF-14。しかし2006年にアメリカ海軍から引退しており現在でも飛行可能な機体はイラン空軍が運用しているものだけ。
単なるサービスシーンだろうか。それとも・・・?

細かいことをいえばまだ気になる点はいくつかあるが、重箱の隅をつつくような細かい考察よりも映画として楽しめるかどうかが重要なポイントなのは間違いない。
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
Screenshot from Paramount Pictures official YouTube channel.
2020年の公開予定とまだ少し先となるが、そのデキには期待したいところだ。

Text: 乾宗一郎 - FM201908

※文中に誤りがありました。訂正しお詫びいたします。(2019/8/16 10:12 編集済)

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始
映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売
映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開
世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』
『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売
ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始 (2019-09-09 10:29)
 映画「007 黄金銃を持つ男」の実寸大プロップガンのレプリカが500セット限定発売 (2019-09-06 17:04)
 映画「バッドボーイズ」シリーズ第3弾、『Bad Boys for Life』海外版トレーラーが公開 (2019-09-05 15:06)
 世界秩序の崩壊を目論むバイオテロを阻止せよ。多国籍特殊部隊の活躍を描く映画『Rogue Warfare』 (2019-09-02 17:14)
 『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売 (2019-08-26 18:29)
 ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』 (2019-08-21 11:31)
この記事へのコメント
ATFLIRもAIM-9Xもブロック1で運用可能だな。
ボーイングの広報資料を参照してるんだろうけど、あれはブロック2の能力を高く見せるために、ブロック1の最初期型とブロック2の最新を比較してる。
ブロック2の能力として書かれている多くの能力がブロック1の途中から適応されたもの。
Posted by 勉強不足 | at 2019年08月10日 07:31
海軍なんでCaptainは大佐っす
最新のトレーラーでは直ってました
んで退役コース匂わされてますね。
Posted by 通りすがり | at 2019年08月09日 17:42
海軍では、キャプテンは大佐だ。翻訳が間違えている。
Posted by TOM | at 2019年08月09日 14:43
十分重箱の隅をつついてると思うが?
Posted by 愚禿乱心 | at 2019年08月09日 13:28
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop