シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(1)
シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る
素早いサイティングと俊敏な動作が特徴的なシューター:ルーカス・ボトキン(Lucas Botkin)氏がCEOを務めるT.REX ARMSが、会社設立から6周年を迎えた同社の現在と過去に迫ったドキュメンタリー動画『How T.REX ARMS Got Started』を、同社Youtubeチャンネルで公開した。約19分間の動画は、同社に関わるスタッフへのインタビューで構成されている。
シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る
Photo from T.REX ARMS
T.REX ARMSは、カイデックス製ホルスターを主力製品としたタクティカルギアメーカーで、ルーカス・ボトキン氏が二十歳の頃に資本金1,000ドルで設立した。同氏の理想とするホルスターとして誕生したのが、アペンディックスキャリー(コンシールドキャリー)タイプの「サイドカー(sidecar)」である。小型ではなくフルサイズの拳銃を秘匿携帯する目的で開発された同製品は瞬く間にヒットし、Youtubeでの成功もあり同社は業績を上げていった。

ビデオコンテンツにも力を入れている同社であるが、メディア製作会社を経営していた兄たちの協力がコンテンツ開始時から大きな力となっており、視聴者の望む事を考えながらフレームレートやグレーディングにも拘って作られている。公開しているレクチャービデオの指針となったのが、マグプル社のビデオ「The Art of the Tactical Carbine」だったようだ。
軍隊や法執行機関での経験を持たないボトキン氏だが、週に1,000~1,500発の弾丸消費するほどのトレーニングを実施しており、2016年からは法執行機関を対象とした銃器インストラクターを始めている。

最近では、10月25日に発売されたFPS「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty:Modern Warfare)」でマルチプレイヤーキャラクターのモーションキャプチャーを担当しており、ゲームプレイ(トレーニングモード)をリアル視点で再現したビデオを公開している。

参考動画:「Modern Warfare Gunfight Mode with Real Guns」

Text: 弓削島一樹 - FM201912

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催
MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
 台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示 (2019-12-18 16:35)
 SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』 (2019-12-18 13:49)
 現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催 (2019-12-13 19:58)
 MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催 (2019-12-12 14:07)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か (2019-12-10 15:25)
この記事へのコメント
ルーカスさんの一連の活動を軍や警察での経験の無いガンマニアのパフォーマンスと見てしまうと、この分野の進展を見誤ってしまうと思います。
特に最近上がった動画で見れる新開発のカメレオンというCQBトレーニングプログラムは革新的で、昔の映画「ダーティハリー2」の警官訓練施設(トップシューターだったハリーが新人警官に負ける?というあのシーンの施設)もここまできたかと感慨深いものがあります。
標的の絵をダウンロードしてクリア時間や着弾点データを送れば診断してくれるのだから、日本でも体験できそうな感じですね。
Posted by 匿名 | at 2019年12月14日 11:17
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop