「民兵 vs PMC」をテーマにしたイベントゲーム『MMM2017SEP』が開催

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
「民兵 vs PMC」をテーマにしたイベントゲーム『MMM2017SEP』が17日(日)、和歌山県橋本市のサバイバルゲームフィールド「バトルランド」で開催された。

当日は、三連休となるこの週末を台風18号が直撃し、列島を縦断するという最悪の予報が走る中での開催だったが、蓋を開けてみれば早朝に「お湿り」程度の雨が降ったきりで、大方の予想を裏切る「好天」が広がった。

映画「13時間ベンガジの戦い」をモチーフに、「2005年~現代まで」とゆったりした年代が設定され、「民兵勢力」と「CIA側PMC/GRS勢力」に別れて戦った。(ローカルPMCはそのいずれかに配備)

ペットボトル発射式ロケットランチャーの着弾が戦闘開始の合図。

民間軍事会社(PMC)メンバー。洗練された武器・防具を持つも、かさばるその装備による機動力が削がれることも…


民兵勢力とローカルPMC。光学照準器を搭載していないなど、旧式の武器が多い反面、軽装による機動力がウリ。

そしてこの日、戦闘シーンで光っていたのは女性プレイヤーの存在。中には週末の多くを各地のフィールドで転戦している猛者もいる。フィールドでは部隊長による号令下、統率ある行動だったのが印象的だった。

高台となった拠点を死守するPMCメンバー。高台は見晴らしが効き、撃ち下せる利点がある一方で、その麓(ふもと)に敵を寄せ付けてしまうと張り付かれてしまう。これによって死角を作ってしまい、攻撃を加える際に重要となる射線の形成ができなくなる。こうなってしまっては、固く閉ざした「籠城戦」において、その「地の利」を生かせず、著しく防御能力を低下させてしまう。

逆に高台を攻略する側においては、敵の利点である見晴らしの良さを潰すため、まずは頭を出させないよう散発的に攻撃を加えつつ、徐々にその間合いを詰めて、敵が覗き込めないよう、「壁」に張り付くことを目指す必要がある。

高台にいる敵の注意を散漫させるべく、部隊を小さく複数に分け、各所から攻撃を仕掛ける。そして高台の防衛力が低下したところを見計らい、一気に雪崩れ込む…。
高台の攻略・防衛が大きなテーマとなっていたこの日のイベントゲームにおいては、こうした戦術面の駆け引きが繰り返しおこなわれていた。「民兵 vs PMC」による装備面の統一性もさることながら、戦術上での指揮系統が明確になっていたこともあり、各プレイヤーが某映画のワンシーンに踏み入れたような感覚で楽しめていたようだ。

本稿でご紹介し切れなかった当日の様子は、下記ミリブロ公式FaceBookギャラリーにて大量公開中。

次回のMMMは、2018年3月に通常のシナリオイベントとして開催が予定されている。

Modern Military Meeting (MMM) 公式サイト
http://mmm.militia.jp/

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop