サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 Comments(0)
サバゲー形式イベント「民兵祭MMM2019DEC」が12/15に和歌山県バトルランドで開催
Photo from Military Blog Japan
「民兵祭MMM2019DEC」が12月15日(日)に、和歌山県バトルランドでおこなわれる。
今開催のMMMは「本戦」と呼ばれるシナリオ形式のものではなく、10~30分区切りでおこなわれる「サバゲー形式」のイベントとなる。

2019年12月15日開戦『民兵祭MMM2019DEC』
https://modernmilitarymeeting.militaryblog.jp/e1008633.html
「民兵祭」を謳うイベントゲームの中でも先行しているMMMは、コスプレ要素を持ちながらも、ゲーム性も持ち合わせていることから好評を博している。

舞台設定は、2005年~現代までの北アフリカ・中東・東欧を想定した、架空国家「ヨコザニスタン」。このバトラン国ヨコザ自治区には、民兵、傭兵、GRS、特殊部隊など、様々な勢力による武力衝突が起きている。

『民兵祭MMM2019DEC』Militia Militant Mercenary!!
日時:2019年12月15日(日)
開場:午前7時より受付開始、午前9時までに準備完了
費用:3,800円/名(車両料金を分離せず)

2019年12月15日開戦『民兵祭MMM2019DEC』
https://modernmilitarymeeting.militaryblog.jp/e1008633.html


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop